GENERAL STORE
< Back
GR HANDKERCHIEF. 1
price 4,400yen
Kitchen Oven Handkerchief
FRONT
DETAIL
DETAIL
フォトTEEの副産物として作ったのがハンカチ。
モチーフになっているのは、ガスコンロ(Kitchen Oven)、掃除機(Vacuum Cleaner)、マットレス(Mattress)、部屋の壁(Apartment Wall)
といった普通に身のまわりにあるものばかり。
オーディナリーな家庭ならでは風景を喚起させるべく、わざとアノニマスなデザインのものばかりを選んでことを覚えています。
2つは居住空間(Kitchen Oven/Vacuum Cleaner)、2つはデイリーなホラー(Mattress/Apartment Wall)といった感じですが、
1998年の制作時のことを思い起こしてみると、小道具を集めてきたり(Kitchen Oven/Vacuum Cleaner)、
撮影用のセットをスタジオの中にわざわざ組んだり(Mattress/Apartment Wall)、プロに撮影をしてもらったり . . .
たくさんのお金と時間をかけて作ったものだったんです。(GENERAL RESEARCH/小林節正)

当時、Tシャツと並んでリリースされたのが同じ写真モチーフのフォトハンカチ。
現在でこそ想像のつくアイテムかもしれませんが、1998年当時を考えれば斬新な切り口として世の中の目に映ったのではないでしょうか!?
素材としてセレクトされた木綿の素材感やニードル穴の縁取りに象徴されるイギリス調あつらえは、
GENERAL時代の小林の思考を彷彿させるようです。写真オリエンテッドなプロダクトとしてハンカチに目をつけた点はなかなかヴィジョナリーですが、
ストリートカルチャー=バンダナというの時代の真っ只中に、白木綿のハンカチーフを持ってくるところが発想としてそもそも凄い!(凄くないすか?)
気に入ったTシャツと同じ柄を持つ、というのは当時小林がイメージしていたであろう趣向。気に入られたデザインがあった折には是非ともTシャツとセットで!
約23年の時を経て復刻される本作では、礼服のハンカチといった小さめなサイズ感をいわゆるバンダナサイズとしてスピン。

Cotton 100%

※こちらのアイテム(1デザイン)は、お一人様2枚までのご購入とさせていただきます。